新ジャンルの新作と「ビールの達人」

詳細がわかり次第upしてまいりますネ。>ご本家さま

クビになった男性に主人公・宮下が出したビールとは?
ビジネスジャンプ増刊「魂・32」11月27日(月)発売!
 「ビールの達人」
作:平沢たかゆき&画:富田安紀良

ああっ!
表紙のペンネームはそのままなのですね・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
福岡の中2いじめ死事件について
(関係する町名と献立の単語が重なるので)
大好きな「筑前煮」がなんとなく口にしづらいです・・。
ターゲットを自死に至るまで周りが追い詰める行為は
日本では「いじめ」という範疇にいれるらしいけれど、
中国の文化革命時に吹き荒れたイベント(ああ表現が変)を
人間として忌むべき行為であると
きちんと学校の教科書で教えればいいと思うのですが・・。
(同時に共産中国の現在の他国への侵略についても教えておく)

それにしても、隠蔽する側の「イジメを出さない」
という言葉を聞いたとき
「イジメがあっても外部にその事実をもらさない(情報を出さない)」
と言う風にとれて戦慄しました・・。



【追記】
なんだか共〇党が唯一この問題について役に立ちそうなことを
巨大掲示板で見たような気がしましたが、
「たすきがけ買収」
ということもありえると思われるので、
どのようなことが明るみに出るのか静観中です。

職場でも童話研修の一環として
3年に1度くらいは物語風のビデオを視聴させられますが、
昔の作品はこれでもか!というくらいなバイオレンスたっぷり風味でしたが
最近のものは、
え?今何があったの?
って一度止めて巻き戻しつつ考えてみないとまったくわからないつくりに
なっているみたいですネ。
[PR]

by fanson2004 | 2006-11-28 10:04 | 漫画家・富田安紀子先生新作情報

<< 世界初のビールコミック33P!... 逆転裁判いろいろ妄想メモ。 >>