世界初のビールコミック33P!!「ビールの達人」

ビールは苦いのがおいしいのです!!
ビジネスジャンプ増刊「魂・32」11月27日(月)発売!
 「ビールの達人」
作:平沢たかゆき&画:富田安紀良
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あのおいしそうな佃煮は、「こうなご」なのでは・・。
神山(こうやま)さん家のこうなご!なんつて。
あつあつのごはんと一緒にいただきたくなりました。

ちゃんとやってきたから、「渋い」日々の人生を送れるのかも・・
とじんわりと胸に伝わるような気がしました。
渋みが好きな人って、なんだかカッコイイ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ビールは・・・一時牛乳で割って飲むのがマイブームでした。
(わあ!このブログ読みに来て下さった方どん引きだよぅ)

記憶に残る苦い食材と言えば・・ひいじいちゃんがおちょこで飲んでいた渋茶と、
ママンが作るふきのとう入りの饅頭でしょうか。
渋茶は・・アレはもはや飲料水ではなくて、なんというか・・舌の皮がぎゅうっとちぢこまるような危険な体験を子供の頃にね・・。あの衝撃的な渋さはいまだに忘れられません。
ほろにが系ふき饅頭においては「毒饅頭」という二つ名を持って我が家に君臨する季節が。
冷凍室を開けて、ラップで個包装されたソレがびっしり入っているのを発見した時、
やがて訪れる春の足音を感じざるをえないと申しましょうか・・。
(というか「びっしり」はいかがなものか。)
[PR]

by fanson2004 | 2006-11-30 00:58 | 漫画家・富田安紀子先生新作情報

<< 法事の打ち合わせに行ってきました。 新ジャンルの新作と「ビールの達人」 >>