「意味が無い」という言葉にも 意味が有り?(popoloouise)


2008年10月08日発売。
NHK「みんなのうた」10・11月のうたから。
作詞:UA
作曲:関島岳郎
編曲:栗コーダーカルテット
アニメーション:坂井 治
(12月2日ようつべのを貼りました。)




「popoloouise」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「何を言っているのかわからない」
コレが一番惹きつけられた理由
です。

あの「ポップポップピー♪」な感じのリコーダー達は
聞いたことがあったので好感触ではあったのですが。

歌。あの歌声が。
聞こえ始めると、どうもそわそわと気になってしょうがなくなる。

何故なのかなあ、としばらく頭で遊ばせておいたのですが
最近わかったような気がしました。

地震の避難訓練時や選挙の投票日のサイレンのように、
「聞き取れそうで聞き取れない」
もどかしさすら伴う、でもなにか大事なことなので
もっと聞き取れる位置へ移動しないといけないと
思わせるような不鮮明さがそうなのかも。

ということは「歌詞」にも何かがあるのでしょうか。
………………引用開始
母となり、関東の山奥の田舎に愛犬PoPoLoouiseを含む家族と暮らしているUAさん。自然の中で、命が時間を越えて紡がれていくのを実感する日々の中、なんとも美しく切ない吟遊詩が生まれました。物語は…【幼い少年が、愛犬PoPoLoouiseにいざなわれて辿り着いた先は、不思議な夢の世界だった。今まで見たことのない風景、遠くから聴こえてくる幻想的な歌声。遠い異国の言葉のような詩の意味は解らないけれど、なぜか懐かしいような暖かい気持ちになって来る…】というもの。夜空が一層青くなり、星が美しくなる季節に、ファンタジックな映像とともにお楽しみ下さい。
………………引用終わり

コンセプトは「時間を越えて紡がれていく命」のようです。
一番初めの(一行目の)歌詞が異国情緒たっぷりなので、
歌い方と相まって最初聴いたときは外国語の歌だと思いました。
まるっきり歌詞が聞き取れなかったのです。

でもなんだか日本語も入っているみたいだし・・と耳をすますと
また不鮮明な異国の言葉になったりして、
途切れ途切れに聞こえてくるどこかのサイレンのような雰囲気を醸していました。

時間のある時、ちゃんと聴こう、と思っていましたので、
やっとようつべで見かけたので歌詞ともども
はじめから終わりまできちんと視聴した次第です。
…………………
「特に意味は無い」と念押しされている最初の(一行目の)歌詞を
初めて耳にした時は、
「あらそいのない・・・世界に」
と(自分の頭が)脳内変換したがっていたのですが、
歌詞を見た今では、一部で超有名な
「エリ エリ ラマ サバクタニ」(エレ→エリに直しました;)
と歌い上げているようにも・・・

「意味が無い」という言葉に 意味が有り?
(正確には「意味がわからない」という説明がつけられている)


たしかに今の日本はママが「宝箱」をぽいと投げ捨て
パパは窓を全部閉めた感がありますよ・・。

そこに間違いなくあるのだけれど、
「遠い異国の言葉のように意味は解らないけれど、
なぜか懐かしいような」
存在にされていく警鐘だったり・・・・
[PR]

by fanson2004 | 2008-12-01 00:24 | へっぽこ575+α

<< コミックマーブル月刊化スタート... ぽぽっぽ ぽっぽ ぽっぽっぽ ... >>